カテゴリー

ドラマ アニメ バラエティ 映画

ドラマ アニメ バラエティ 映画

「黒井戸殺し」の動画を見逃し無料視聴

    「黒井戸殺し」動画視聴

    FOD(フジテレビオンデマンド)

    初回2週間無料!月額888円でフジテレビの最新、人気名作作品が視聴可能!

    FOD(フジテレビオンデマンド)無料体験

    ↑詳しくはコチラ↑

    公式見逃し配信 配信状況
    TVer ×
    GYAO! ×

    公式見逃し配信について

    • 無料で視聴できる(広告あり)
    • 視聴できるのは放送済みの最新話のみ
    • 配信期間はTV放送終了後から原則1週間
    動画配信サービス 配信状況
    Hulu ×
    U-NEXT ×
    U-NEXT(NHKオンデマンド) ×
    Paravi ×
    FOD(フジテレビオンデマンド) ○(見放題)
    Amazonプライム ×
    TSUTAYA TV △(課金)
    dTV ×
    バンダイチャンネル ×
    music.jp △(課金)
    クランクイン!ビデオ ×
    DMM ×
    GEO ×
    VideoMarket △(課金)
    dアニメストア ×
    ビジネスオンデマンド ×
    スターチャンネル ×
    TELASA ×

    FOD(フジテレビオンデマンド)の特徴

    • 初回2週間無料!
    • 月額888円で5000本以上のフジテレビ作品が見放題!
    • 話題の新作映画がレンタル可能!
    • 130誌以上の雑誌が読み放題!

    〜まとめ〜

    • FOD(フジテレビオンデマンド)での視聴がおすすめ

    「黒井戸殺し」満足度調査

    作品の評価 4.0

    ★★★★
    ★★★★★

    「黒井戸殺し」へのコメント

    名前なし / 女性(20代)

    元ネタであるアクロイド殺しのファンなので、楽しみ半分、不安半分の気持ちで観始めました。タイトルのパロディ感はかえって面白いと思います。ストーリーはきちんと元ネタを踏襲していて、元ネタを知らずに視聴していたらすごくビックリしただろうなと思いましたが、勝呂(原作でいうポアロ)のキャラクターがベタベタすぎて、あまりストーリーに没入できなかったのが少し残念です。

    【評価 ★★★☆☆(普通)】

    ハナエ / 女性(50代)

    三谷幸喜が以前書きドラマ化されたクリスティー作品の第二弾。ポアロとして勝呂武尊(野村萬斎)が活躍するが、自信満々で鼻持ちならない印象を与えることに成功している。ワトソン役の大泉洋(と、言ってしまえば原作を知る者には既にネタバレだが)の姉役の斉藤由貴がオバサンをオバサンっぽく演じているのに可愛らしくチャーミングに見えてくる。

    【評価 ★★★★★(とても面白い)】

    「黒井戸殺し」のみどころ

    近日更新

    見逃し動画検索(公式)

    ※ 各VODの配信状況を確かめてからご加入ください

    動画共有サイト検索

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    FOD(フジテレビオンデマンド)で無料視聴する方法

    動画を無料視聴する手順

    • 無料お試し体験に登録
    • 見たい動画を視聴
    • 無料お試し期間内に解約すると無料視聴可
    • 解約も簡単!

    FOD(フジテレビオンデマンド)無料お試し体験登録

    その1 トップページの「今すぐはじめる」ボタンをクリック

    その2 支払い方法を選択。

    その3 プライバシーポリシーに同意にチェック、決済サービスにログインし、登録完了

    FOD(フジテレビオンデマンド)無料体験

    ↑新作も多数配信中↑

    FOD(フジテレビオンデマンド)解約方法

    解約するときのポイント

    • 解約はアプリではなくWEBのみ対応
    • アプリの削除では解約はできない

    「黒井戸殺し」詳細

    昭和27年、日本の片田舎で唐津佐奈子(吉田羊)が死亡しているのが発見された。医師・柴平祐(大泉洋)は、検死のために唐津邸を訪れる。死因は睡眠薬の過剰摂取。佐奈子には夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したと推測する。柴の親友で富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでおり、ショックを受ける。黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴に「佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた」と明かす。そこへ、佐奈子から遺書が届く。黒井戸は1人で読みたいといい、柴は屋敷を出る。そこで復員服の見知らぬ男(和田正人)と会い、不審に思いながら帰宅。すると、黒井戸が殺害されたと執事・袴田(藤井隆)から電話が。 柴が駆け付けると、袴田はそんな電話をしていないと言う。部屋に入ると、黒井戸が背中を刺されて死んでいた。刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査開始。女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけたと証言し、春夫に疑いが。春夫の婚約者である花子は疑惑を晴らそうと、柴家の隣に引っ越してきた不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だと思い出し、捜査を依頼したいと柴に相談。花子の願いを受けて捜査を依頼する。勝呂は快諾し、柴に相棒としての協力を依頼。警部から、春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞き、女中・明日香(秋元才加)を始め聴取すると不可解な事実が・・・。

    出典:FOD

    キャスト(出演者)

    その他情報

    「黒井戸殺し」その他情報

    ■原作:アガサ・クリスティ「アクロイド殺し」
    ■脚本:三谷幸喜
    ■演出:城宝秀則(共同テレビ)
    ■プロデューサー:渡辺恒也(フジテレビ)橋本芙美(共同テレビ)貸川聡子(共同テレビ)
    ■制作著作:フジテレビ
    ■制作協力:共同テレビ