カテゴリー

ドラマ アニメ バラエティ 映画

ドラマ アニメ バラエティ 映画

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」の動画を見逃し無料視聴【第1話から最終回まで】

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」動画視聴

    U-NEXT

    初回31日間無料!ドラマ、映画、アニメなどの豊富な多ジャンルな映像作品が見放題!

    U-NEXT無料体験

    ↑詳しくはコチラ↑

    公式見逃し配信 配信状況
    TVer ×
    GYAO! ×

    公式見逃し配信について

    • 無料で視聴できる(広告あり)
    • 視聴できるのは放送済みの最新話のみ
    • 配信期間はTV放送終了後から原則1週間
    動画配信サービス 配信状況
    Hulu ×
    U-NEXT ○(見放題)
    U-NEXT(NHKオンデマンド) ×
    Paravi ×
    FOD(フジテレビオンデマンド) ×
    Amazonプライム △(課金)
    TSUTAYA TV △(課金)
    dTV ×
    バンダイチャンネル △(課金)
    music.jp △(課金)
    クランクイン!ビデオ ×
    DMM ×
    GEO △(課金)
    VideoMarket △(課金)
    dアニメストア ○(見放題)
    ビジネスオンデマンド ×
    スターチャンネル ×
    TELASA ×

    U-NEXTの特徴

    • 初回31日間無料!
    • 180,000本以上の作品が見放題!
    • 映画、ドラマ、アニメの映像作品や漫画や雑誌などの電子書籍までU-NEXTひとつで完結
    • 無料トライアル特典で600円相当のポイントがプレゼント!

    〜まとめ〜

    • U-NEXTでの視聴がおすすめ

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」満足度調査

    作品の評価 4.0

    ★★★★
    ★★★★★

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」へのコメント

    ぱの / 女性(20代)

    とりあえず、家族の前では見れないけど、登場人物が可愛いです。最初見た時一目惚れでした。可愛い女の子が多いです。男性向けのテレビだと思います。年齢も18禁であってもおかしくないですが、とても面白いです。

    【評価 ★★★★☆(面白い)】

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」のみどころ

    ToLOVEるダークネスは一期と比べると、全体的にかなり大人びた雰囲気になっています。金色のヤミがほぼ完全にメインヒロインとなっているのが特徴です。1期のヒロインだったララも地味ではありますが、かなりいい味出しているので、そこも注目です。


    執筆者:ドナルド

    各話の動画視聴

    ※ 各VODの配信状況を確かめてからご加入ください

    第12話 Room~乙女の想い~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    彩南高校に、モモに憧れる男子たちのファンクラブ「V・M・C」が発足!悪い気はしないモモであったが、自由にリトに近づくことができなくなってしまい・・・。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第11話 The right thing~生き方って何?~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    再会を果たしたヤミとティアーユ。不器用ながらも生みの親を思いやるヤミの姿に、リトたちもほっと胸をなで下ろす。そんなふたりの様子を知った芽亜は・・・。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第10話 Past~明日につながる記憶~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ララの発明品が原因で、手をつないだまま眠るリトとヤミ。ヤミはリトに、自分の生みの親である天才科学者・ティアーユの思い出を語る。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第9話 True self~闇の中の素顔~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ララの発明品で、リトとヤミの手がくっついてしまった!発明品の効果が切れるまで、ふたりは手をつないで過ごすことに!ヤミは結城家に泊まることになるのだが・・・。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第8話 Bad mood~幸せの絆~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    リトに対し積極的な様子のモモ。「ふたりが恋人同士になってしまったら・・・」と、不安な美柑は下校中に倒れてしまう!その時美柑を助けたのは・・・。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第7話 Sisters~幸せの発明品~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ララの発明品で大騒ぎのいつもの結城家。今回の発明品は、ナナのおっぱいを大きくするという画期的アイテム!が、案の定欠陥品で、モモが貧乳に!?

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第6話 Metamorphose~変わり行く時…~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ララの発明で女の子(リコ)になったリトは、着替え中にモモ&芽亜に乱入され、裸をもてあそばれて大変なことに!その最中、芽亜はモモのハーレム計画への協力を申し出る。互いに何やら企みを抱きつつも、モモと芽亜の同盟が結成されるのであった。その後、何やら悩んだ様子のルンがリトを訪ねて来る。ハーレム計画を進めるため、モモはルンとリトのデートのセッティングを買って出るが…!?

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第5話 A man? Woman~変わり行くもの達~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    アゼンダを攻撃しなかったヤミを問い詰める芽亜。しかしヤミは妹に「人のぬくもり」を知って欲しいと説く。姉の言葉の意味が分からず、芽亜は混乱。沈んだ様子の芽亜を心配したナナは、彼女を元気づけるため、春菜の飼い犬のマロンやペットたちを紹介する。可愛い動物たちに囲まれ、芽亜は自然と笑顔になっていく…が、マロンたちの間では、プライドを賭けたペロペロ合戦が始まろうとしていた!?

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第4話 True smile~過去と友達と笑顔と~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    芽亜と彼女のマスターの手引きで、宇宙の殺し屋・「暴虐」のアゼンダが彩南町に現れる。かつてヤミに倒されて名声を失ったアゼンダは、復讐の機会を求めていたのだ。一方、ヤミは殺し屋としての自分の立ち位置に迷いつつも、美柑と一緒の平凡な毎日に満足を覚えていた。そんなヤミの腑抜けた姿を見たアゼンダは、卑劣な策を胸に密かに笑う…。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第3話 Each speculation~それぞれの思惑~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    リトに興味を持った芽亜はトランス能力でリトの精神にダイブし、そこで「ハーレム計画」を知る。自分とモモ、どちらがヤミを引き入れることができるか…このゲームに芽亜は目を輝かせるのであった。一方、新たな「ハレンチ要員」芽亜の登場に、唯はリトへの意識を強めていた。しかも偶然リトと一緒に下校することになり、唯のドキドキは最高潮!その様子を見かけたモモは、唯をハーレムに引き入れるべく裏工作を開始する!!

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第2話 Doubt and dish~疑惑と料理~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    先日リトを襲った謎の敵の目的は、ヤミを本来の殺し屋に戻すことだった!ヤミを信頼しつつも、どこか不安をぬぐえないリトとモモ。そこに美柑に料理を習うため、ヤミが結城家を訪れる。まるでリトを狙うかのような包丁使い、ふるまわれる謎のたい焼き入りみそ汁…と、ヤミの真意が分からないリトは緊張の連続に…!!

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第1話 Continue~コンティニュー~

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    モモとナナが同居を始めてから、リトの日常はますます大混乱!目を覚ますとモモがベッドに潜り込んでいたりと、リトの気は休まる暇がない。ある日、モモたちはララに内緒で彩南高校の一年クラスに転入を決める。モモはさっそくクラスの男子に囲まれ、ナナはそれが面白くない。そんな中、ナナは窓際に立つお下げの少女に目を留めた…。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    見逃し動画検索(公式)

    ※ 各VODの配信状況を確かめてからご加入ください

    動画共有サイト検索

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    U-NEXTで無料視聴する方法

    動画を無料視聴する手順

    • 無料お試し体験に登録
    • 見たい動画を視聴
    • 無料お試し期間内に解約すると無料視聴可
    • 解約も簡単!

    U-NEXT無料お試し体験登録

    その1 トップページ「まずは31日間無料体験」や「無料でお試し」などのボタンをクリック

    その2 お客様情報の入力(名前、生年月日、パスワードなど)

    その3 手続き内容を確認し、決済の選択、送信ボタンをクリックし登録完了。

    U-NEXT無料体験

    ↑新作も多数配信中↑

    U-NEXT解約方法

    解約するときのポイント

    • アプリの削除、アプリからのログアウトしただけでは解約はできない

    • 解約はアプリではなくWEBのみ対応

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」詳細

    今回のメインはモモとヤミ。モモが企む、ちょっとHな“楽園(ハーレム)計画”とは・・・?おなじみのヒロインたちももちろん登場、シリアス要素からサービスシーンまで、更にパワーアップ!

    出典:dアニメストア

    キャスト(出演者)

    その他情報

    「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」その他情報

    [キャスト]
    モモ・べリア・デビルーク:豊崎愛生
    金色の闇:福圓美里
    黒咲芽亜:井口裕香
    結城リト:渡辺明乃
    ララ・サタリン・デビルーク:戸松 遥
    西連寺春菜:矢作紗友里
    ナナ・アスタ・デビルーク:伊藤かな恵
    結城美柑:花澤香菜
    古手川唯:名塚佳織
    籾岡里紗&セリーヌ:柚木涼香
    ペケ:新井里美
    お静:能登麻美子
    [スタッフ]
    原作:矢吹健太朗・長谷見沙貴(集英社「ジャンプスクエア」連載)
    監督・シリーズ構成:大槻敦史
    キャラクターデザイン:岡勇一
    音響監督:明田川仁
    音楽:渡辺剛
    アニメーション制作:XEBEC
    製作:とらぶるダークネス製作委員会
    [製作年]
    2012年
    ©矢吹健太朗・長谷見沙貴
    集英社・とらぶるダークネス製作委員会