カテゴリー

ドラマ アニメ バラエティ 映画

ドラマ アニメ バラエティ 映画

「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」の動画を見逃し無料視聴【第1話から最終回まで】

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」動画視聴

    U-NEXT

    初回31日間無料!ドラマ、映画、アニメなどの豊富な多ジャンルな映像作品が見放題!

    U-NEXT無料体験

    ↑詳しくはコチラ↑

    公式見逃し配信 配信状況
    TVer ×
    GYAO! ×

    公式見逃し配信について

    • 無料で視聴できる(広告あり)
    • 視聴できるのは放送済みの最新話のみ
    • 配信期間はTV放送終了後から原則1週間
    動画配信サービス 配信状況
    Hulu ×
    U-NEXT ○(見放題)
    U-NEXT(NHKオンデマンド) ×
    Paravi ×
    FOD(フジテレビオンデマンド) ×
    Amazonプライム ×
    TSUTAYA TV ×
    dTV ×
    バンダイチャンネル △(課金)
    music.jp △(課金)
    クランクイン!ビデオ ×
    DMM ×
    GEO ×
    VideoMarket △(課金)
    dアニメストア ×
    ビジネスオンデマンド ×
    スターチャンネル ×

    U-NEXTの特徴

    • 初回31日間無料!
    • 180,000本以上の作品が見放題!
    • 映画、ドラマ、アニメの映像作品や漫画や雑誌などの電子書籍までU-NEXTひとつで完結
    • 無料トライアル特典で600円相当のポイントがプレゼント!

    〜まとめ〜

    • U-NEXTでの視聴がおすすめ

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」へのコメント

    近日更新

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」のみどころ

    近日更新

    各話の動画視聴

    ※ 各VODの配信状況を確かめてからご加入ください

    第6話 さらば! 黄金の聖闘士

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ついにそろった12人の黄金聖闘士。黄道に位置する12人の黄金聖闘士の小宇宙を集めれば、太陽の光を作り出し、嘆きの壁を破壊できる。サジタリアスの矢に全ての小宇宙を込め、12の光がエリシオンへの道を拓く! 星矢たち青銅聖闘士に、地上の愛と正義の全てを託して…。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第5話 集結! 黄金聖衣

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    嘆きの壁の前に、5人の黄金聖闘士が揃った。ムウ、シャカ、アイオリア、ミロ、そして童虎だ。それぞれがライブラの武器を手に、嘆きの壁に向かって攻撃を放つが、あえなく跳ね返されてしまう。最強の聖闘士の力でも、嘆きの壁は破壊できないのか…その時、星矢たちの前に黄金の光が飛来する!

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第4話 絶望! 嘆きの壁

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ハーピーのバレンタインを倒し、再びジュデッカにやってきた星矢。彼はそこで、ハーデスの呪縛から逃れた瞬と再会する。ハーデスは玉座の裏、はるか続く階段の先に消えていったという…。階段の奥へ進んだ二人の前に立ちふさがったのは、嘆きの壁と呼ばれる地獄の最終地だった。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第3話 女神! その命をかけて

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    ジュデッカにて対峙する二人の神、アテナとハーデス。グレイテスト・エクリップスを止めるよう懇願するアテナに、ハーデスは自らの命を代償にするよう求める。パンドラの槍を使い、ハーデスがアテナの命を奪おうとした瞬間、その血に触れたハーデスが苦しみだす!

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第2話 一輝! 慟哭の拳

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    瞬は自らを犠牲にし、自分とともにハーデスを撃ち砕くよう一輝に訴える。悲痛な心の声が、躊躇する一輝に拳を繰り出させる。パンドラの叫びがこだまするジュデッカの床に、鮮血が飛び散った…。そして、悲壮なる一輝の小宇宙を感じた星矢は、コキュートスに墜とされていながらも目を覚ます。

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    第1話 神罰! グレイテスト・エクリップス

    ※ TVerやGyao!では配信していません

    U-NEXT
    YouTube

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    第五獄で冥界三巨頭の一人アイアコスと対峙する一輝。執拗な攻撃にあうが、倒れるたびに不死鳥のごとく立ち上がり、アイアコスを倒す。驚く三巨頭が一輝に攻撃を仕掛けようとしたとき、小宇宙を感じたハーデスが、パンドラに一輝をジュデッカまでテレポートさせた。一輝と瞬、兄と弟が冥界の地にて再会する!

    出典:dアニメストア

    ネタバレ

    近日更新

    見逃し動画検索(公式)

    ※ 各VODの配信状況を確かめてからご加入ください

    動画共有サイト検索

    ※ Pandora(パンドラ)/ Dailymotion(デイリーモーション)/ 9TSU(ナインティーエスユー)などでは配信なし

    U-NEXTで無料視聴する方法

    動画を無料視聴する手順

    • 無料お試し体験に登録
    • 見たい動画を視聴
    • 無料お試し期間内に解約すると無料視聴可
    • 解約も簡単!

    U-NEXT無料お試し体験登録

    その1 トップページ「まずは31日間無料体験」や「無料でお試し」などのボタンをクリック

    その2 お客様情報の入力(名前、生年月日、パスワードなど)

    その3 手続き内容を確認し、決済の選択、送信ボタンをクリックし登録完了。

    U-NEXT無料体験

    ↑新作も多数配信中↑

    U-NEXT解約方法

    解約するときのポイント

    • アプリの削除、アプリからのログアウトしただけでは解約はできない

    • 解約はアプリではなくWEBのみ対応

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」詳細

    冥界、それは冥王ハーデスが支配する死の世界。光なき嘆きの世界へ降り立った、星矢たち青銅聖闘士たちの戦いは激しさを増し、過酷な運命にすら翻弄されようとしていた。そこでは固い兄弟の絆でさえも永遠ではないのだ。瞬に憑依したハーデスは、一輝の小宇宙に懐かしさを感じてジュデッカへと赴く。弟を取り戻すため、ハーデスに戦いを挑む一輝。熱き不死鳥の小宇宙は冥王の心をも動かすが、驚愕の事実が明らかになる。“グレイテスト・エクリップス”が始まり、月が太陽を遮って地球を闇で覆いつくし始めたというのだ。世界の滅亡を阻止すべく、女神アテナもハーデスの前に現れるが…。

    出典:dアニメストア

    キャスト(出演者)

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」キャスト

    その他情報

    「聖闘士星矢 冥王ハーデス冥界編 後章」その他情報

    [キャスト]
    ペガサス聖矢:森田成一
    ドラゴン紫龍:櫻井孝宏
    キグナス氷河:三浦祥朗
    アンドロメダ瞬:粕谷雄太
    フェニックス一輝:小西克幸
    アテナ:折笠富美子
    [スタッフ]
    原作:車田正美
    企画:櫻田博之、鷲田正一
    企画協力:岡田忠博、森下誠
    製作担当:松坂一光
    製作編成:樋口宗久
    シリーズ構成:黒田洋介
    シリーズディレクター:勝間田具治
    キャラクターデザイン・総作画監督:荒木伸吾、姫野美智
    美術デザイン:行信三
    色彩設計:辻田邦夫
    デジタル撮影:福田岳志
    音楽:横山菁児
    [製作年]
    2006年
    ©車田正美
    集英社・東映アニメーション